自然体、自然体!ニュートラルで行こう! 筆文字千日修行 88日目

引き寄せる習慣
スポンサーリンク




 

自然体、自然体!ニュートラルで行こう!

スポンサーリンク

筆文字千日修行 88日目

自然体で生きよう!

簡単です!

簡単だけど意味を間違えてしまったら

大変なことですね。

自然体はわがままではないですよ!

勘違いしがちなので注意しましょう!

 

 

「自然体」

筆文字千日修行 88日目

 

わがままだって気が付きましょう

自然にふるまう。

自分を知っているからできることです。

自分を知ることは

その時その時に

動いた感情を吐き出すことではないです。

それがわがままです。

 

わがままは

感情を満たすことです。

どんな無理なことでも

我を通そうとして

周りのことなど考えません

 

自分さえ心地よければ良い。

周りはどうでもよい

 

それは周りに嫌な気をまき散らすことになります。

 

まき散らして

自分は満たされても

周りは気分良くないです。

 

世界は自分の思い通りにならないと気が済まない。

わがままは

全く自然体とは違います。

 

自然体とは

自分の我を通すと思いがちなんですが

周りの人にも

自分にも自然な優しさが通う気が

溢れる人だと思います。

 

この人といると

リラックスできるな!

 

わがままと自然体は似てるようで

全く別物なんです。

 

リラックスしてみよう

まずはリラックスしていきましょう。

体に緊張が残っていると

うまくいかないです。

 

例えば

これから

仕事で資料をまとめるぞってのに

頭の中がいろんな情報で

ごちゃごちゃしていたら

まとまるものもうまくまとまりません。

 

深呼吸して

心を静めて

それから取り掛かっていくと

はかどるはずです。

 

 

「無理しないでたまったら 空でも見上げよう」

 

空でも見て

頭を空っぽにしてから

また仕切り直して始めたら

焦ってる気持ちもスッキリして

新たに作業を進めることが出来ます。

 

自然体でいるには

心も体もリラックスしていることが重要になってきます。

 

自然体になって

仕事をした方が

いい仕事ができるはずです。

 

仕事に対してのの評価は上がりますよ。

 

○○しなければならない。

○○しなくてはならない。

 

追い詰められて仕事をしてる人と

リラックスして仕事をしてる人を

比べたら

明らかだと思いますよ。

 

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

 

気配り、気遣い

自然体の人はやはり成長の道を歩んでる人ですね。

相手があっての人間関係。

それを全く無視して

俺様がーー!!

なんて言ってるのは問題外です。

 

恋人でも

学校でも

会社でも

周りに気配りのできる人は好かれますし

重宝されますし

結局仕事もできて

人望も厚いのです。

 

自然体で生きようってことを

楽に生きていくことと勘違いしていると

大きな落とし穴に落ちてしまいますよ!

 

英語ではニュートラルという表現です。

中立的な意味ですね。

偏ってはいないってことですから、

 

わがままがいかに偏った考え方かわかると思います。

 

 

自然体とは

自分自身をまず知っていることは

暫定になってきますね。

 

自分てどんな人か。

何ができるか。

人の役に立ちたいなって思える心が

自然にわき出てくるものです。

 

自分の芯をもっているので

行動がぶれない。

自分の軸で判断できるので

やったことに責任を持てる。

 

周りに対して気配りができる。

相手を楽しますことを心がけてるから

周りに笑顔が絶えない。

さりげなく人を喜ばすことができる術を身に着けている。

 

なりたい理想の目標に向かうことで

人に対する気遣いや、心配りを学んでいきます。

そうやって努力をしていくことで

自然体な人は磨きがかかっていくのです。

 

何もない所から

何でも自然がいいなんて行動してる人は

押しつけや

偏見だ判断してます。

 

わがままや偏見ではない

自然体な生き方は

自分の魂を磨くことでできるようになるということですね。

 

 

「心も体一体です」

 

心 

 

バランスも大切です!

 

1日1回は心と体と向き合う時間を確保して

自分のメンテナンスもしましょうね!

 

リラックスして

心軽やかに

自然体で人に接していくことで

人生は楽しく変わっていきますよ!

ライン@
友達登録よろしくお願いします。
楽しきことは良きことである♪

オンラインショップ♪

作品購入はこちらからどうぞ!

 

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました