大切だったことは虚構だったね。もう失うことは怖くない。 筆文字千日修行 51日目

抱負、目標に向かうエネルギー
スポンサーリンク

大切だったことは虚構だったね。もう失うことは怖くない。

スポンサーリンク

筆文字千日修行 51日目

こんにちは!

30年近い付き合いの人との決別の決意で

ちょっと、私ナーバスになってしまってますね!

というのは嘘www

考え込んでもあほらしいので

幸せに昇華できると祈りました!

 

問題が起こったことは、神様送られたギフトである。

 

丁重に判断して、解決していく!

有難いと思っていたら、いい方向に進むのだ!

 

 

「さよならと同じだけ

初めましてがある」

筆文字千日修行 51日目

 

失うことはもう怖くないや、過去はもう過去でしかないから。。

大切だと思っていた人と決別するに至るまで

心境に変化や、価値観の違いはどうしようもないことですね。

過去の思考のまま変わってないだけとはわかってます。

過去の思考とでは、今の時点では付き合えないってことです。

 

 

「人生の分岐点は必ず通る道だ」

 

もう30年近い付き合いだけど

そのころのネガティブな思考と頑固さだけが残っていて

明るく良く笑う姿が感じられなくなった。

遠くに離れているからほんとはわから無かったけど

送ってくる手紙が、だんだんネガティブになっていく様に

恐怖を感じてた。

 

何で私がびくびくするんじゃ!

 

これが私の決別しなくてはならない理由なんです。

 

 

恐怖がそこにあったからなんです。

 

 

細かいことを言い出すと長すぎて

壮大なストーリーになります。

ちょっと並みの人でないですね。

彼女は1冊の本がかけるくらいの経験をしてます。

そのことで、

要らぬお節介で親切にしたら

図に乗ったんでしょうね。

 

こっちの言ってることは全て無視もしくは、批判しかしないくせに、

そっちの家庭の事情もお構いなしに、要求をしてきたこと。

 

小さい積み重ねが不信感を生んでいったのね

 

私が舐められていたら

もたれかかってきたのであろう。

 

自分をもっと強くなるにはこの判断しかなかったのです!

 

 

「失う事が怖くないと強くなる」

 

恐怖からの決別です!

  • 要らないという毅然とした態度

  • 自分の軸がぶれない

  • 舐められない

  • 偽りの優しさは無駄

このことを学びました。

成長のためには必要なことだと感じますね。

 

成育歴の中で愛情に対してものすごく飢えてました。

親の言うことを聞かないと好かれない。

そう感じていた。

 

舐められることで生き延びてきたのです。

ここはもう手放さないと苦しくなる。

苦しい原因がつかめなかったから、どこに行ってもしっくりこなかったんですね。

 

 

「必要な物が何なのか判断できること」

 

要る物と要らない物を判断できてこそ

人生を作ることはできますね。

 

舐められてたから正常な判断ができなかったようです。

 

神様は絶妙なタイミングで問題定義をしますね!

このタイミングを逃したら、あと1年はそのままだったかも。

 

気は流れてこそ淀みなく流れていく

貯め込んでもそこには腐った気が充満するだけだ

 

 

「貯め込んでも何も変化しない

使ったら新しく変わる」

 

新しい波動がバンバン流れてきてます。

新しい流れに移動してるのです。

 

新しい出会いがどんどんやってきますよ!

 

誰でもそういう時期はあるもんですよ。

人生を大きく変える動きが

 

その波に乗るべき時に

要らないものは捨ててないと

 

荷物が重すぎて乗車拒否されてもつまらないです!

 

大好きコールで世界平和

世界中の人が自分大好きになったら

みんな大好きで

みんなみんなありがとうになるんだよね!

 

 

「自分大好き

みんな大好き

喜びがいっぱい」

 

理想だけど

自分の周りはそのようにしたいです。

 

怒りは下からのエネルギー

喜びは上からのエネルギー

 

いっぱい上からのエネルギーを受けて

 

役立てることはお伝えしていきます。

 

 

ありがとうございます。

ではまた明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました